全ての人々の「夢の実現」、企業価値のさらなる向上を目指して。

株主の皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

平素は、格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

サムティグループは、1982年に創業して以来、不動産開発事業及び不動産賃貸事業を中心に業容を拡大して参りました。2013年10月に策定した中期経営計画「Challenge40」においては、従来の不動産デベロッパーとしての事業の枠組みを超えて、安定的な収益基盤を確立すべくアセットマネジメント事業を強化し、2015年にはリート事業に進出、サムティ・レジデンシャル投資法人を着実に成長させて参りました。

 

不動産需要は依然旺盛な状況であり、「Challenge40」における利益目標を2期前倒して達成することができました。当社は、今後も当面はかかる状況が続いていくものと予測していますが、一方で外部環境の変化への備えとして、今後さらに事業基盤を盤石なものとし、安定した成長を目指すべく2018年9月に新たに「サムティ強靭化計画」を策定、フロー重視の経営から、バランスシートを重視した経営に転換を図ることを最大のテーマといたしました。

 

引続き、サムティ・レジデンシャル投資法人を中心としたマネジメント事業の拡大を目指す「①フィー収入事業の強化・拡大」。また外国人観光客の増加等による店舗・ホテル需要の高まり、主要都市でのオフィス空室率の低下等による収益性の向上等を踏まえ、「②ホテル開発・オフィス開発の強化」。これらの取り組みの結果として、「③財務基盤の強化」を重点施策といたしました。

 

サムティグループ一丸となって、「サムティ強靭化計画」の着実な達成と、豊かな都市環境の創造により社会に貢献することを目指してまいります。

 

今後とも一層のご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

代表取締役社長 小川 靖展