サムティグループは、賃貸マンションを中心とした多様な賃貸用不動産を、国内の主要都市を中心としたエリアで保有し、バランスの取れた資産ポートフォリオを構築しています。各物件の収益性を厳しく管理し、資産価値向上への施策を実施するとともに、ポートフォリオの入れ替えを随時行い、事業全体における収益性の向上に努めています。

資産種別の割合

マンション

オフィス

ホテル

その他

85.3%

4.9%

4.9%

4.9%

各エリア割合

北海道

東北

甲信越

首都圏

12.2%

0.6%

0.8%

13.6%

中部

関西

中国

九州

18.0%

29.2%

3.4%

22.2%

※サムティグループ連結で保有する賃貸用不動産の延床面積を基に集計(2021年5月31日時点)
※未竣工物件は除く