連結PL

当社グループの属する不動産業界におきましては、継続する低金利政策や外国人観光客の増加などによる店舗・ホテル需要の高まり、主要都市でのオフィス空室率の低下などによる収益性の向上等を背景に、不動産需要は依然旺盛な状況が続いており、引き続き底堅い需要が見込まれます。
このような事業環境のなか、当社グループは、平成28年7月に見直しを行った中長期経営計画「Challenge40」の数値目標の達成に向け、業容の拡大とともに経営基盤の強化に努め、総合不動産業としての絶対的な地位の確立を目指してまいります。
平成30年11月期の業績見通しにつきましては、売上高78,000百万円、営業利益13,000百万円、経常利益11,000百万円、親会社株主に帰属する当期純利益8,000百万円を計画しております。
当社グループは引き続き安定的かつ持続的な事業成長の継続と今後の利益の源泉となる物件仕入の強化に努めてまいります。

(単位:百万円)

  2017年11月期

2018年11月期

実績

通期予想(修正後)

(前期増減率)
売上高 60,479 78,000 29.0%
営業利益 10,131 13,000 28.3%
経常利益 8,461 11,000 30.0%
当期純利益 5,661 8,000 41.3%
1株当たり純利益 234円25銭 316円45銭

セグメント別損益

(単位:百万円)

セグメント別売上高 2017年11月期 実績 2018年11月期 予想(修正後)
売上高 営業利益 売上高 前期比 営業利益 前期比
不動産事業 51,522 10,600 69,700 135.3% 14,900 140.6%
不動産賃貸事業 7,386 2,094 6,700 90.7% 2,100

100.3%

その他事業 1,885 243 1,900 100.8% 100 41.2%
全社 △315 △2,806

△300

△4,100

60,479 10,131 78,000 129.0% 13,000 128.3%